87番ボトルとRose otto ~「愛」と「許し」。

オーラソーマのB087「The Wisdom of Love(愛の叡智)」をちょうど使い切った日。

「どんな事が起きるんだろう・・・♪」

と、ウキウキしていた私の身の上に起きたことは、

 

「なんで?」

「どーして???」

「そうくるか?」

 

と、期待を裏切るような心が沈む出来事ばかり。

なぜだか涙が止まらなくて、その日の夜はヨレヨレでした。

(これが、実は自分の中に残っている必要のない感情の浄化と気づかないところが鈍感な私。)

 

そして、一夜明けてのレッスンに「Rose otto」があったのは必然でしょう。

香りを嗅いだ瞬間、

前日の一連の出来事がすべて「許し」に関することばかりだった!と気づきました。

心のどこかで許せない出来事。許せない、と思ってしまう自分が許せない。。。

 

思い返せば、ボトルを使っている間、ずっと「許し」のレッスンだったなぁ。

87番。今回は、私に「愛」より「許し」を教えてくれたのね。

 

 

そしてローズの香りにも、「愛」と「許し」のエネルギーがあるといわれます。

「愛」と「許し」。

人生の学びの最大のテーマ。

私は聖人ではないので、もちろんこの意味をまだ理解できていません。

 

けれど、ローズの香りを嗅いでいるうちに、

「まず自分を深く愛すること。そこから許しが始まる。」

という言葉がふと浮かびました。

 

「許し」に関する出来事が続いたのは、

私が自分の中に許していない部分がある、というメッセージ。

自分自身をまるごと愛せていないということ・・・自覚はないけれど。

でも、ローズの香りを嗅いでいたら、

自然と「自分をジャッジするのはやめよう」と思いました。

それもひとつの「愛」ですよね。

 

ローズの香りのイメージング。

偶然にも、2人同じイメージをしました。ブルーと水。(上のが私。)

私がローズの香りをブルーで描いたのは、おそらく初めて。

カラーセラピーでブルーの意味は、「女性性」「受け容れる」「信頼」など。

そして、水は「鏡」の象徴。水面に、鏡のように全てを映し出すから。

 

ここでまた、87番とつながりました。

87番には「報われない愛」というテーマがあります。

ローズの香りと重ねることで理解できたこと。

 

―なぜ「報われない愛」なのか?

 

それは、自分自身を愛していない=「自分に愛を向けていない」ことを、相手に投影するから。

結果、自分に愛を向けてくれない人を好きになってしまう・・・だから、その愛は報われない。

よく自分の周りの人は自分自身の鏡だ、といいますが、

87番はそれを際立たせて見せてくれる気がします。

 

しかし・・・「報われない愛」って書いてあると、ボトル使うの躊躇しますよねぇ・・・(笑)

 

ローズのレッスンをしてから、87番の癒しが加速しました。

香りだけで、こんなにも意識が切り替わるんだーと、改めてオドロキ。

 

何があっても「私」は「私」で在り続ける。

そんな気持ちが日に日に強くなって、自己愛が高まっています。

 

色や香りのエネルギーは、こんな風に感受性を高めてくれるからスキ。

毎日同じことの繰り返しでも、その中に彩りを添えてくれる・・・忙しい人こそ、

ぜひ色や香りのエッセンスを日々取り入れて欲しいと思っています。