Douglas fir ~スピリットの自由と解放に。

ダグラスファー。

私の大のお気に入りの香りです。

和名では「米松」。

でも松ではなくて、ファー=モミの木の枝葉のエッセンシャルオイルです。

アメリカでは、クリスマスツリーに使われる木のようですね。

そう聞くと、冬っぽい香りなのかなぁ?という感じがしますが、いえいえ。

私は、なぜか海風を感じる香りです。

この香りを吸い込むと、海風が自分の身体の中を透明にしてくれる感じがします。

枠や制限がない、自由なスピリットの存在を思い出させてくれる香り。

自分に限界を感じたとき、その壁をふわっと軽やかに飛び越えさせてくれます。

 

アロマトリートメントに、アロマバスに、フラグランスに。どんな使い方でもOK。

この香りを嗅いでいると、呼吸が深くなってとってもリラックスできますよ。

 

「ダグラス」なんて、まるで人の名前みたい、と思いませんか?

実際に、植物学者のダグラス博士がこの木を発見、

英国王立園芸協会に報告し、その功績を称え名づけられたそうです。

人名がついた植物なんて珍しいですね!

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ダグラスファー【Douglas fir】

 

学名   :Pseudotsuga Menziesii

抽出部位:針葉

原産国  :フランス

 

その他のインフォメーションは、後日加筆します♪