Helichrysum ~傷を修復し、輝きを取り戻す香り。

大好きな香りのひとつ「ヘリクリサム」。

ちょっと覚えにくい名前ですね。

別名の「イモーテル」の方がポピュラーかもしれません。

 

『ヘリクリサム』という名前は、

ギリシャ語のHelios(太陽)とchrysos(黄金)が語源で、

ひかり輝く太陽の様な、ゴールドの花色から名づけられたと言われています。

 

「不死」という意味のフランス語が語源とされる『イモーテル』という名前は、

乾燥しても、花の鮮やかな金色が永遠に色褪せないところから。

 

『エバーラスティング(永遠、不朽)』という名でも親しまれています。

和名では、永久花。

 

そんなたくさん呼び名を持つヘリクリサムさんは、こんな感じ。

可憐でカワイイお花ですね。

(ヘリクリサムは、様々な花色、種類がありますが、

エッセンシャルオイルになるのは『イタリアン ヘリクリサム』ですのでご注意を…。)

 

さて、私がヘリクリサムが好きな理由は、まずはその香り。

カモミール•ローマンに似ていますが、さらに甘く、深く、

うっとりするような陶酔感があります。

 

そして、セラピーの上では

『最も癒しの力が強い』

香りのひとつとされています。

 

ヘリクリサムが助けになるのは、『傷ついたところの修復』。

皮膚の傷やあざには、1滴なら原液塗布できます。

塗るとスッと肌に浸透して、急速に傷の治癒を高めます。

 

美肌効果も高いので、ロクシタンのスキンケアシリーズは有名ですよね。

 

そして『傷を修復する=皮膚』だけではありません。

傷付いた心にも、傷付いたスピリットにも、

ヘリクリサムはパワフルな癒しの効果を発揮してくれます。

それも、優しく、穏やかに…。

 

深く傷付いて、人生を前に進めることができなくなってしまった人に、

ヘリクリサムはそっと、心地よく傷の手当てをしてくれます。

 

その染み透る細やかなエッセンスは、まるで光の粒子のようで、

傷口を覆い、元の輝きを取り戻すようサポートしてくれます。

 

ヘリクリサムで、その人の持つ本来の輝きを取り戻すことができる。

そして、その輝きが永遠に続くように、心に、身体に、スピリットに、

癒しのエネルギーを送り続けてくれるのです。

 

ボトルがそばにあるだけで、とても心強くなって、どんな状況でも

「私は大丈夫。」

と本来の自分で在り続けることができる。

 

そんな、頼れるエッセンシャルオイルです。

興味が湧いた方、ぜひ香りを試してみてくださいね!