フランキンセンス ~がんばることって、気づきへのプロセスのひとつかもしれない。

嗅ぎ慣れている香りでも、日によって感じ方が全然違うところがアロマの面白さ。

 

この日のフランキンセンスは、

 

ん?

 

んんん~???

 

スキ!でも、キライ!でもなく、複雑で何と表現すればよいのか・・・全く浮かびませんでした。

 

そんなときでも、感じたことをそのままノートに書いてみる。

 

「何とも言えない」

 

「表現がむずかしい香り」

 

爽やさも感じるし、甘みも感じるし、スパイシーでもあるし・・・深みもある。

 

そんな風に、ただただ香りの印象を感じたままに書いていたら、ふと

 

『がんばっている人に』

 

という言葉が降ってきました。

 

そして突然目の前に(実際、目は閉じているのだけれど)

古い時代に作られた(と思われる)金製のゴブレットのヴィジョンが

ボン!と現れました。日本でいうところの、金盃でしょうか。

続いて、

 

『自分の力でステップアップしようと思っている人。

 それも、魂の成長をしている人を賞賛する香り』

 

という言葉が浮かびました。

 

 

確かにフランキンセンスは意識を覚醒させて、スピリチュアリティを高める香りです。

スピリチュアル、と言うとピンと来ない人、自分には縁のないことだと感じる人も多いようですが、

人生の上に起こるドラマに、いろんなことを感じたり、学んだり、深めたり・・・という

「体験による気づき」を得ることががスピリチュアルに生きるっていうことなんじゃないかな。。。

 

生きていると、様々な出来事から、あらゆる感情を体験します。

嬉しさ。楽しさ。悲しみ。怒り。

割り切れない気持ちになったり、落ち込んだり。

歓びに溢れたり、考えさせられたり・・・本当に様々。

だからこそ、生きてるって実感が掴めるんですよね。

 

そして、大切なのは全ての感情には同じ価値がある、ということ。

 

『真の豊かさとは、魂を成長させることに繋がる』

 

そんなメッセージが聞こえてきて、

たくさんの体験や生まれた感情、全てひっくるめて『豊かさ』に繋がるんだよね、ということを

再確認できました。

 

『がんばる』

 

という言葉がネガティヴに受け取られる時代です。

確かに、苦しいことや逃げたいことに向けてエネルギーをすり減らすがんばりは無意味なのかもしれない。

でも、もしかしたらその先に、おおきな気づきが待っているかもしれないんです。

自分を大切にすること、とか。

自分の思い通りに事が運ぶことが最善とは限らないこと、とか。

 

だから、

がんばることって、ときには豊かさを得るためのプロセスのひとつにもなるんですよね。

 

フランキンセンスの香りから、

『人生は全て豊かさへつながっている』

ことへの気づきをもらったイメージングのひとときでした。

 

ありがとう。