サンダルウッド ~感覚を研ぎ澄ませて「無」になって。

今日のサンダルウッドの香りは、とても不思議なヴィジョンが浮かびました。

目を閉じて香りを吸い込むと、みぞおちに落ちていって、

そこに真っ黒な洞みたいなものが見えました。

 

自分のみぞおちに空いている洞を、覗きこんでみる。

 

そしたら、ずーっと先までトンネルになっていて、

私は自分のみぞおちから続くトンネルを歩き進みました。

 

真っ暗で何も見えない。

陽の光も電灯もない中を、とにかくまっすぐ進む。

 

そのときふと湧いたメッセージが、

 

『集中しなさい』

 

でした。

 

真っ暗な道を歩くとき、気持ちが散漫だったり足元がふらついていたりしたら、

転んでしまうかもしれない。ケガをするかもしれない。

だから、無心になって「歩くこと」だけに全エネルギーを集める感覚。

 

私の中で「無になる」っていうのは、わりと解放型というか、

大の字になってボケーっと空を仰ぐ感じなんだけれど、

今日サンダルウッドに感じた「無」は、それとはまるで違った、

感覚を研ぎ澄ませた上で起こる無の境地・・・といったところでした。

 

この感覚、今の自分にとっても必要!と、ハッとしました。

あれこれ考えず、つべこべ言わず、やることを淡々とやる。

感情に振り回されている場合じゃないですよ、と静かに諭された私でした。

 

サンダルウッドの香りは、やはり高尚ですね。

 

ありがとうございます。