Tonka beans ~「思い出」にアクセスする香り。

教室にある100種以上のエッセンシャルオイルの中には、

あまり出番がない、控えめなキャラクターたちがいます。

でも、それぞれの香りはどれも個性的。

だからこそ、常に必要とされたり、万人ウケはしないけれど、

ココぞ!というときに大活躍してくれます。

 

その中のひとつ、トンカ・ビーンズ(Tonka beans)。

マメ科に属するトンカという木の種子のエッセンシャルオイル。

香りは、わかりやすく表現すると『桜餅の葉っぱ』の香り。

フワッと軽やかでいて、どこか懐かしい香りがします。

 

この香りは、「思い出を蘇らせる」なんて言われるのですが、

私も、セラピーでは過去の思い出に関わるテーマのときにオススメすることが多い気がします。

 

さらにローズ・オット―とブレンドすると、とても魅力的な香りになります。

ローズ・オット―は、全てを受け容れる、許すことのレッスンをさせてくれる香り。

ハートを愛の感覚でいっぱいに満たしてくれる香りです。

 

だから、トンカ・ビーンズとのブレンドは、

たとえ苦しかった、辛かった、と記憶している過去の体験も、

全て今の私へと繋がるステップだった、と、許せる気持ちに変えてくれます。

 

過去の体験をどんなに癒そうと思っても、「今」の自分が癒やされていない限り、

過去を癒すことはできません。

逆に考えると、今の私が癒やされていれば、過去も自然と癒される。

現在も過去も、実は同時進行しているんですね。

 

トンカ・ビーンズとローズ・オット―の香りは、今の私を満たすことで、

過去の自分を癒す、という働きかけをしてくれます。

 

ご興味がある方は、ぜひお試しくださいね(^-^)